韓国ドラマ「風と雲と雨」1・2・3・4話あらすじとネタバレ

韓国ドラマ「風と雲と雨」のあらすじとネタバレを紹介します。

「王女の男」でキム・スンユを演じたパク・シフが9年ぶりに時代劇に主演。ということでも話題を集めました。

19世紀末。李氏朝鮮の政治は富と権力を持つ一部の一族に操られていました。

国王の哲宗は江華島でくらしていた謀反人の子孫。王になっても権力は壮洞金氏に握られたままで力はありません。

主人公チェ・チョンジュン(崔天中)は両班で科挙で主席合格。イ・ボンリョン(李鳳蓮)と恋仲になりました。

イ・ボンリョンは実は哲宗が江華島でいたころに生まれた娘。巫女に育てられ霊感をもっていました。

ところが二人を妬むチェ・インギュ(蔡仁圭)に陥れられ、チェ・チョンジュンの家は没落。チェ・チョンジュンは山に籠もり観相師になりました。

イ・ボンリョンは霊感を壮洞金氏に利用されてしまうのでした。

 

目次

キャスト

チェ・チョンジュン(崔天中) 演:パク・シフ
イ・ボンリョン(李鳳蓮) 演:コ・ソンヒ
イ・ハウン(李昰應)/興宣大院君 演:チョン・ヴァンリル
チェ・インギュ(蔡仁圭) 演:ソンヒョク

キム・ビョンウン(金炳雲)演:キム・スンス
キム・ジャグン(金左根)演:チャ・グァンス
ナハプ(羅閤)演:ユン・アジョン

哲宗 演:チョン・ウク
大妃趙氏 演:キム・ボヨン

チェ・ギョン(崔慶) 演:キム・ミョンス
山水道人 演:チョ・ヨンジン
ヨン・パルヨン(龍八龍) 演:チョ・ボンレ
ミン・ジャヨン(閔玆暎) 演:パク・ジョンヨン

 

第1話 運命の出会い

イ・ボンリョンは国王哲宗の娘。霊感があって人の未来が見えました。チェ・チョンジュンは名家の息子。科挙に主席合格しました。

イ・ボンリョンはチェ・チョンジュンを見た時、他の人のようには見えずただ体から不思議な光が見えるだけでした。母にその事を言うと「人の未来が見えるのはそれは神の恵みだけれど、他人に知られると災いになるから、人に言ってはいけない」と言われました。

チョンジュンは他人からみれば頭が良すぎるように見えるものの、中身は太鼓を叩いたり歌を歌ったりするのが趣味の青年でした。ボンリョンはそんなチョンジュンを見て笑い。一緒に踊りました。しだいにボンリョンとチョンジュンは恋仲になりました。

ところがこの楽しい時間はすぐに壊れした。2人の仲を嫉妬するチェ・インギュの陰謀でボンリョンの母は役人に捕まってしまいました。ボンリョンは母を助けるために判事のキム・ビョンウンの未来を当ててしまいます。

その能力にめをつけたビョンウンは彼女を監禁。自分の野心を達成するために彼女を利用することにしました。

5年後。チョンジュンは役人になっていました。彼は部下から渡し場で火薬をみつけたと報告を受け、何か怪しいと思い渡し場に行きます。

ボンリョンも夢で見た爆発が偶然ではないと思い渡し場に行きました。

チョンジュンは私場で黒ずくめの怪しい人物をみつけました。それはボンリョンでした。チョンジュンとボンリョンは戦いになり、チョンジュンが勝ちます。

お互いの顔を見た二人。ボンリョンは目の前の男がチョンジュンだと気づくのでした。

 

第2話 服従の刻印

5年ぶりにチョンジュンとボンリョンは出会いました。

ひさしぶりの再会を喜ぶチョンジュン。でもボンリョンは複雑な想いでした。

チョンジュンはボンリョンの侍女からボンリョンがこの国の翁主になったことを聞かされます。

哲宗の命令でチョンジュンとボンリョンは結婚することになりました。でもそれはキム一族がチェ一族の政治力を奪うための策略でした。

チョンジュンの父親チェ・ギョンはキム一族から不正に貯めた金を没収、それを船に積んで朝廷に届けようとしていました。そこでキム・ジャグンは息子のキム・ビョンウンに金の奪還を命令を命じます。

そんなかボンリョンはチュンジュンに会って、大きな犠牲がでることを告げます。チュンジュンはその惨事を止めるため操作しようとします。

そんなときに哲宗はチョンジュンとボンリョンの結婚式の実行を命令。

結婚式の準備のため金の積み込みは中断されました。結婚式の最中、金を積んだ船が爆破され。チェ・ギョンは謀反人にされてしまいます。ボンリョンが予言していたのはこの爆発でした。

チョンジュンは父の無実を晴らそうとしますが、証人になるはずのボンリョンはチョンジュンの言葉を否定。逆にチョンジュンとチェ・ギョンに責任があるといいます。さらに五相途中のチェ・ギョンは殺されてしまいました。

傷ついて誰も頼ることができなくなったチョンジュンは父の友人・山水道人とともに山に籠もり世間との交流を断ち易学を学ぶのでした。

 

第3話 虎の目を持つ男

 

チェ・ギョンは死ぬ間際に、チェ・チョンジュンに復讐をせず、隠遁生活をして命を繋ぐように言い残しました。山水道人はチョンジュンとチェ・ギョンは早死すると予想。もちろん霊力を持つボンギョンもそれを見抜いていました。彼女は母親とチョンジュンの命を救うために嘘を言いました。その結果、キム・ビョンウンに脅迫され肩にキム一族の刻印を押されることになりました。

そんなボンギョンの想いを知らないチョンジュンは易学を学び自分たちを陥れた者たちの運命を支配して代償を支払わせたいと決意しました。

漢陽にやってきたチョンジュンはヨン・パルヨンと知り合いました。それがきっかけで占いの仕事を始めました。

チョンジュンがずば抜けた占いの技を持っていることを知ったパルヨンは賭博場につれていきます。するとチョンジュンは賭場場に知った顔がいるのを気が付きました。それは興宣君でした。チョンジュンは、興宣君に虎の相があると告げます。

春が来て哲宗が病になりました。哲宗には跡継ぎはいません。キム・ビョンウンはボンリョンに次期国王になる人物を探すように命令します。

ボンリョンはミン・ジャヨンという少女にその素質があると気づきます。でも彼女が遊郭で働いていることはわかったのですが詳しい素性がわかりません。ボンリョンはキム・ビョンウンに気づかれないように変装して遊郭に潜入しました。

一方、チョンジュンは占いの腕をかわれて役人に呼ばれて遊郭に向かいました。そこで偶然ボンリョンと再会するのでした。

 

第4話 世継ぎ争いの幕開け

 

遊郭でチョンジュンとボンリョンは偶然出会いました。チョンジュンはボンリョンを恨んでいます。憎まれ口をたたきながらも彼女を傷つけるようなことは言えません。「帰って自分の人生を生きろ」と言い残して去っていきました。

チョンジュンの占いはとてもよく当たるので街で評判になりました。

チョンジュンは哲宗によばれ国王にふさわしい人材について占うよう命じられます。

チョンジュンは占いにやってきた兄妹をみました。兄のソンジンは今度こそ科挙に受かるかどうか気にしていました。

チョンジュンは彼が妹を遊郭で働かせて自分は遊び呆けていることを知ります。チョンジュンは今後20年間は科挙に合格できないとソンジンに告げます。

ボンリョンは遊郭で働くボンジンの妹ソンファと知り合いました。ソンファが持ってきた薬草をみて異変が起こると予知するボンリョン。

ボンリョンがソンファの家に行くと、やけを起こしたソンジンが母と妹を殺そうとしていました。止めに入るボンリョンでしたが、ソンジンに首を縄でしめられて殺されそうになります。そのときチョンジュンが扉を蹴破って入ってきてソンジンを蹴り倒しボンリョンたちを助けたのでした。

 

コメント

コメントする

目次
閉じる