オクニョ 第1話 あらすじ

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第1話のあらすじです。

第1話の主な見どころはオクニョの誕生。オクニョのライバル、チョン・ナンジョンの登場。生涯の敵になるユン・ウォニョンとの初対面ですね。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

目次

オクニョ 1話

 

オクニョ誕生

1540年。第10代国王中宗の時代。

脱獄した囚人に出助けしたものがいるとして、囚人たちを痛めつける典獄署の署長。囚人の中にいた妓生のチョン・ナニョンは署長には向かいます。やがてチョン・ナンジョンは出獄して都いちの妓楼で働いていました。

典獄署の役人チ・チョンドクは、道端に倒れていた女性を助けました。彼女は身重でしたが、刀傷がありました。女性は出産後になくなってしまいます。

彼女は朝鮮王朝の重臣ウン・ウォニョンの放った刺客に襲われたのでした。ウォニョンは王妃の弟という立場を利用してやりたい放題でした。

産まれた赤ん坊はオクニョと名付けられ、監獄で育てられました。

15年後。第12代国王明宗の時代になりました。

 

オクニョとユン・ウォニョンの初対面

賢い女の子に育ったオクニョは、典獄署で働いていました。囚人たちから様々な知識を学んで身につけていきました。

典獄署に新しい署長がやってきました。横暴なチョン・デシクはやってくるなり、役人たちに怒り出します。不安になる役人と囚人たち。

チョンドクは役所のお金を使い込んでいたことがバレるんじゃないかと心配します。

オクニョをみつけたデシクは子供のいる場所じゃない、と追い出すように命令します。

そのとき、典獄署にユン・ウォニョンが来ました。囚人になっているイ・ジハクに合うためでした。ウォニョンはジハクに運勢を見てもらおうとします。ところがジハクは運勢を見抜けるものとしてオクニョを紹介します。

ふざけたことを言うな、と怒り出す人々。
オクニョも戸惑います。

オクニョの運命は?

 

オクニョ 2話

オクニョがユン・ウォニョンの運勢を占う

イ・ジハムから「だまされたと思って言うとおりに」とうながされれて、ユン・ウォニョンはオクニョに運勢を見てもらいます。

帝王になる想があると言われて気を良くしたユン・ウォニョンは、オクニョには類稀な才能があると褒めます。

その夜、オクニョは署長のデシクに典獄署暮らしを認められました。

ユン・ウォニョンの娘に間違えられるオクニョ

オクニョは4日後に処刑される予定の山賊の男から、宿の男に手紙を渡すように頼まれます。オクニョは言われたとおりに手紙を届けました。その直後、その宿に補盗庁が兵が押しかけ男は兵に切られました。

ユン・ウォニョンの屋敷に呼ばれたオクニョは、側女のチョン・ナンジョンの運勢も見てくれと頼まれます。オクニョは機転を利かしてウォニョンの成功はナンジョンのおかげだといいます。人を喜ばせる術をもった賢い娘だと感心するウォニョン。オクニョは褒美にもらった絹の服を着て帰途につきました。

ところが、オクニョはウォニョンの娘だと勘違いした山賊に捕まってしまいます。山賊の頭領を釈放しなければ娘を殺すとウォニョンを脅迫する山賊。しかしウォニョンは逆に予定よりも早く山賊の頭領を処刑しました。復讐を決めた山賊に殺されそうになるオクニョ、そこへ官軍が突入してオクニョは助かりました。

チョン・ナンジョンはオクニョに「テウォンのお陰で助かったのだ」と言いました。しかし、ウォニョンは自分を娘の身代わりにして見捨てようとした冷酷な人だと思いひとり涙するのでした。

オクニョとユン・テウォンの出会い

チ・チョンドクは囚人のカン・マンボに金をかりましたがその代わりに出獄するように脅されて暴力を振るわれていました。それを知ったオクニョはイ・ジハムに相談します。ジハムはオクニョに「借刀殺人」という策を授けます。

「借刀殺人」とは他人の力を利用して人を殺すという意味です。朝鮮王朝の派閥争いではよく使われた方法でした。現在の韓国でも「裏工作」という意味で使われることがあります。

ある日、ユン・テウォンが入獄してきました。テウォンは「金を出せば頼みを聞いてくれるそうだな」とオクニョに訪ねてきました。オクニョはオクニョの頼み事を聞く代わりにテウォンの頼みを聞き、テウォンをカン・マンボのいる牢獄に移しました。

翌日、何事もなかったかのように出獄するテウォン。テウォンはカン・マンボを始末するために来ていたのでした。

オクニョ 3話

母の死について新事実があきらかになる

オクニョはある女囚人から、自分の出生について話を聞きます。その女囚人はオクニョの出産にたちあった人でした。自分が囚人の娘だと信じていたオクニョは、母親が囚人ではないことに驚きます。母親は何者かに切られてその傷がもとで亡くなった。母親は誰で、何で殺されたのか新たな謎が出てきます。チ・チョンドクに聞いてもわかりません。しかしチョンドクは母親の形見を渡してくれました。

オクニョはパク・テスと出会う

ある日、オクニョは署長と一部のものしか入れない典獄署内の建物の前で足が止まりました。いつもは入れない建物の扉が開いてています。恐る恐る入っていくと、ひとりの男が牢の中で苦しそうにしていました。オクニョの応急措置で男は助かりました。署長の話を立ち聞きして牢の男はパク・テスだとわかります。書庫の囚人名簿には体探人(チェタミン)と書いてありました。オクニョは母の死を知るために、体探人のパク・テスに武術を教わる決意をします。パク・テスはある条件を理由に引き受けました。パク・テスの家族の安否を確認することです。オクニョは家族を探しましたがすでに妻は死亡し、息子は行方不明になっていました。

パク・テスの存在を知ってうろたえるユン・ウォニョン

署長のチョン・デシクは自分の保身のため、典獄署の秘密をユン・ウォニョンにばらしてしまいます。パク・テスが文定大妃の命令で地下牢に閉じ込められていることをウォニョンにばらしてしまいました。動揺するウォニョン。大妃にパク・テスを殺すべきといいますが、断られてしまいます。

続きはこちら。
オクニョ 第4話 あらすじ

コメント

コメントする

目次
閉じる