中国ドラマ「麗姫と始皇帝」5・6・7・8話 あらすじとネタバレ

 

中国ドラマ「麗姫と始皇帝」の紹介です。

春秋戦国時代の古代中国。
紀元前240年ごろ。大王の嬴政(えい・せい)率いる秦は天下統一を目指して各国と戦いを続けていました。

衛の将軍の娘・公孫麗(こうそん・れい)。
麗の初恋相手で剣客の荊軻(けい・か)。

秦の攻撃で麗は祖国を失い、荊軻とともに放浪。

秦では嬴成蟜が反乱。嬴政は兄弟の情を優先して成蟜を見逃しました。

そのころ麗は蓋聶の娘、蓋蘭(らん)と出会い意気投合して義姉妹になりました。嬴政が妃たちと枕を共にしないと聞いた華陽太后は嬴政に王妃をたてるように勧めます。

でも嬴政は公孫麗を思い出してはぐらかすのでした。

主なキャスト
麗姫:ディリラバ(ディルラバ・ディルムラット)
嬴政:チャン・ビンビン(張彬彬)
韓申:リー・タイ(李泰)
荊軻:リウ・チャン(劉暢)

目次

5話 秘計

嬴政は兵たちに命令を出して公孫麗を探させました。秦が自分たちを探していると知った公孫麗と荊軻は魯勾践のもとを離れます。人相書きを見た韓申は公孫麗たちが心配になります。

嬴政は呂不韋の食客、李斯(りし)に自身の志を言い当てられて大変気に入ります。

その後、嬴政は母・趙姫(ちょうき)を南宮に幽閉。相国(宰相)呂不韋を罷免しました。

公孫麗と荊軻は嬴政のはなった刺客・風林火山に見つかりました。刺客との戦いで荊軻は傷を受けます。公孫麗は刺客たちに退かなければ自害すると自分の首に剣をあてました。公孫麗に傷をつけてはいけないと言われている刺客たちは退きます。

公孫麗と荊軻は偶然出会った魯勾践の友人、田光(でんこう)に助けられます。田光によると荊軻は毒をうけて薬がなければ命が7日も保たないというのです。

麗は自分のせいで荊軻を死の危険に追いやったと悔やみ、ある決心をします。

 

6話 条件

公孫麗は荊軻を救うため1人で秦王に会いました。公孫麗は秦王が衛王府で出会った嬴政だと気づいておどろきます。

公孫麗は解毒薬をくれれば3か月後に入内(じゅだい)すると約束します。

荊軻のもとに戻った公孫麗は解毒薬を田光に渡しました。荊軻は一命を取り留め、しばらく公孫麗と養生しながら麗と穏やかな日々を過ごします。

二人が街を歩いてももう捕まりません。荊軻はそれが不思議でした。解毒薬の出どころも謎です。でも公孫麗は荊軻に真相を打ち明けることができませんでした。

約束の3か月が過ぎようとしていました。事情を知っている田光は荊軻に燕の剣客、高漸離(こう・ぜんり)を訪ねるよう勧めました。そして遠いので公孫麗は一緒には行けないと言います。

秦では韓併呑を考えた李斯が廷尉(ていい)という役職に任命されていました。

 

7話 契り

秦王 嬴政(えい・せい)は呂不韋(りょ・ふい)から相国(宰相)の地位を取り上げると宣言。李斯(り・し)たちも賛成します。

麗は荊軻に妹ではなく女として見てほしいと伝え。荊軻も一緒に暮らしたいが祖国復興の志があると、お互いの気持ちを伝え合い結ばれます。

荊軻(けい・か)は高漸離(こう・ぜんり)のもとへ旅立ちました。見送る公孫麗のところに嬴政から使者が来て、公孫麗は秦の王宮へ向かいます。

高漸離と手合わせして早々と戻ってきた荊軻は公孫麗がいないことに気づきます。田光から公孫麗がいない理由を聞かされた荊軻は急いで秦に馬を走らせました。

秦王の良人(下級の側室)に任命された公孫麗は自害しようとしますが貧血をおこして倒れます。公孫麗を診察した太医は公孫麗が妊娠していると嬴政に伝えます。嬴政は激怒して公孫麗に刃を向けますが・・・

 

8話 後宮

嬴政は公孫麗に刃を向けますが、やはり殺すことはできません。

良人になった公孫麗は宴の席で武将の蒙武(もうぶ)と武術の手合わせを命令されます。流産させるつもりかと起こる公孫麗ですが蒙武に勝利します。公孫麗は祖父の短剣を返してほしいと願いますが嬴政は断りました。

その夜。嬴政は公孫麗に出産を許す代わりに秦から離れないと約束させ、床入りを求めました。しかし「一生秦人を許さない」と睨みつける公孫麗にたじろいだ嬴政は、景(けい)良人のもとに行ってしまいます。

荊軻は秦の王宮に忍びこみました。ところがすぐに侍女に見つかって投獄されてしまいます。

 

・9・10・11・12話 あらすじとネタバレ

 

・麗姫と始皇帝 あらすじ全話一覧

 

コメント

コメントする

目次
閉じる