中国ドラマ「秀麗伝」17・18・19・20話あらすじとネタバレ

中国ドラマ「秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜」のあらすじとネタバレです。

中国史上最も優れた皇后のひとりと言われる光烈皇后・陰麗華(いん・れいか)と後漢を建国した光武帝の愛と波乱の生涯を描くラブ史劇。

歴史上有名な「昆陽の戦い」が終了。劉秀たちの大活躍で新の大軍に完勝。

でも大きな軍功を立てた劉縯や劉秀は、王匡や張卯さらには劉玄からも疎まれてしまいます。

 

原題:秀麗江山之長歌行
原作小説:秀麗江山

キャスト

陰麗華(いん・れいか) 演:林心如(ルビー・リン)
劉秀(りゅう・しゅう) 演:袁弘(ユアン・ホン)
劉玄(りゅう・げん)  演:于波(ユー・ポー)
過珊彤(か・さんとう) 演:王媛可(ワン・ユエンカー)
劉縯(りゅう・えん)  演:宗峰岩(ゾン・フォンイェン)

目次

第17話 仕組まれた祝宴

新軍の岑彭が降伏しました。劉稷は一族の仇を討つ劉縯や劉秀では難しいだろうから自分がやると言います。劉秀はその言葉を聞いて岑彭を斬ろうとしました。

劉秀は岑彭が机に書いた「武」の文字を見つけました。でも一角多い理由を岑彭に聞きます。岑彭が書いた「止戈」は「戦を止める」という意味だと聞かされます。それを聞いた劉秀は岑彭の髪を切ることで命をたったことにして。もし今後、漢軍を裏切るようなことがあればそのときは首をとると言います。

そのころ策士の朱鮪は、劉玄に「昆陽と宛城の大勝で劉縯の力が大きくなった、王匡とその部下だけでなく、陛下の地位さえも危うくなる」と進言。劉玄は劉縯抹殺を決意します。

その後「鴻門の会」にならった宴会がひらかれました。殺害決行を示す「玉玦」が捧げられました。麗華が前に出て自分も恩賞が欲しいと言います。「玉玦」は麗華に渡されることになり暗殺は決行されませんでした。

劉秀は父城へ出発。劉稷がなにかしでかして兄の身が危なくなるのではないかと心配します。でも劉縯は自分がおとなしくさせるから問題ないと言って、劉稷を劉縯のそばに置くことにしました。

第18話 巨星、堕つ

麗華は劉縯や劉稷たちと酒を飲んでいました。その席で劉稷は命がけで戦ったのに官位をもらないと不満を訴えます。劉稷はそんなことを言うと危ないぞと忠告する劉嘉とケンカになり、ふたりとも機嫌を悪くして部屋を出ていってしまいます。劉稷は前の戦いで被害が大きかったのに、官職が与えられず不満だったのです。

朱鮪と李軼はそんな劉稷を利用しようと画策。劉稷を挑発して劉縯を亡き者にする案を劉玄に進言します。

麗華は韓姫に呼ばれて些事を命じられました。相手は皇帝の妃なのだからここはご機嫌をとっておくべきと麗華も素直に従いました。

おなじころ。劉稷には“抗威将軍”という官職が与えられました。その官職が気に入らない劉稷は「兄上のおかげで皇帝になれたくせに何様のつもりだ」と怒り出します。劉玄に暴言を吐いた劉稷は斬首されることになりました。

劉稷が捕らわれたと知った劉縯は、劉稷を助けるために劉玄に会いに行きました。しかし劉玄は殺されてしまいます。

劉縯が危ないと知った麗華は劉玄のもとに行きますが、すでに劉玄は息絶えていました。激怒した麗華は短剣を劉玄に投げつけます。短剣はそれて劉玄は無事。麗華はお咎めなしでした。

兄が殺されたことを知った劉秀は激怒して戻ろうとしますが馮異から「今行けば思うツボだ」と止められます。

やがておとなしく戻った劉秀は、劉玄に兄の罪を侘びて服従の態度を見せるのでした。

第19話 孤立無援の将軍

劉縯が殺害されてしまい、劉一族は集まって報復を叫びます。でも劉秀は、劉玄を皇帝にしたのは自分たち。ここで分裂するわけにはいかない挙兵した目的を忘れるな。と皆にいいます。でも舂陵の仲間たちは納得できません。

劉縯を罪人扱いする劉秀に祖父の劉良も激怒。兄の敵を討とうとせず、劉玄に従っている劉秀は仲間達から反感を買ってしまいます。

劉玄や朱鮪は、劉秀が従順なふりをしていると疑って監視をつけたり、本心を探るために挑発したりしました。劉秀は自分が見張られているのは分かっているので劉玄に従うふりを続けました。

麗華は劉秀の行動は皆のためだろうと思います。

父城から駆け落ちしてきた馮異と丁柔が劉秀を頼って宛にやってきました。馮異は劉秀の態度は皆を助けるための縁起だと分かっていました。そして陰家と姻戚関係を結べば道は開けると考え、劉秀に麗華を娶るよう勧めますが、劉秀は麗華に危険が及ぶと考えて拒否しました。

第20話 妻を娶らば陰麗華

陰識は劉玄が陰麗華を妻にしようとしていると気づきます。そこで陰識は陰麗華宛城にいたら危ないとので宛を離れるように言います。でも宛を離れるのが嫌な麗華は拒否します。これが陰家のためだと怒る陰識ですが。陰麗華は兄のいうことを聞きません。

劉玄は陰麗華を後宮に入れようと画策。陰麗華に結婚の申込みをします。

劉玄のたくらみを知った馮異は急いで劉秀に陰麗華を娶るよう迫ります。

劉玄の命令が出てからでは襲いと思った劉秀は、陰麗華に結婚を申し込みに行いきます。陰識は麗華を危険にさらすなと2人の結婚に猛反対。でも陰麗華は喜んで劉秀を受け入れます。

婚儀の日、幸せいっぱいの陰麗華。結婚に反対の陰識は麗華の挨拶を受けようとしません。

結婚式を目前に控え。鄧禹が旅から戻ってきました。

鄧禹は最愛の女性が嫁ぐ姿をただ眺めるしかありませんでした。

感想

劉縯の殺害の場面。
いきさつが史実と違うけど

まあ、劉縯と劉稷が殺されるのは同じだから歴史の流れは変わりませんね。

劉秀の立場を考えると難しいところですよね。劉玄は劉秀も無き者にしたいでしょうし。ここで下手に動くと処刑の口実を与えてしまいます。中国は連帯責任なので下手すると一族も危ないですからね。

それにしてもなぜこのタイミングで陰麗華を娶るんでしょうね。たしかに喪が明けてないのに結婚するのは中国ではありえませんよね。

ドラマでは劉玄が陰麗華を欲しがっているから。ということになってますけど。史実ではそうではなかったし。やっぱりドラマのようにしないと劉秀が嫌な奴になってしまうのでこうするしかないでしょうか。

「秀麗伝」21~24話あらすじとネタバレ

あわせて読みたい
中国ドラマ「秀麗伝」21・22・23・24話あらすじとネタバレです。 中国ドラマ「秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜」のあらすじとネタバレです。 中国史上最も優れた皇后のひとりと言われる光烈皇后・陰麗華(いん・れいか)と後漢を建国...

 

「秀麗伝」あらすじ 全話一覧 はこちら↓
https://drama.sseikatsu.net/syuureidenlist/

 

コメント

コメントする

目次
閉じる