中国ドラマ「両世歓」25・26・27・28話あらすじとネタバレ

中国ドラマ「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじとネタバレです。

記憶を失ったヒロインが彼女を見守る男とともに謎に挑むラブ史劇。

風眠晩(ふうみんばん)には記憶がありません。風眠晩は慕北湮との結婚が嫌で原家から逃げ出し、原沁河(げんしんか)と名乗り捕吏(犯罪者を捕まえる役人)になりました。

風眠晩の過去を知る景辞(けい・じ)も景知晩(けいちばん)と名を変え県の役人になりました。

雍(よう)帝をはじめ皇族たちが万安山で狩猟を行い、原(げん)家の令嬢として風眠晩(ふうみんばん)も招待される。だが、その宴席に景辞(けいじ)だけが姿を現さず、風眠晩は彼を待ち続ける。一方その頃、景辞は慶(けい)王の名で別の場所に呼び出されていた。そこに変装して現れた姜探(きょうたん)は毒入りのお茶を彼に差し出し、彼の息が止まったことを確認するとギョウ(ぎょう)王の元に急ぐが・・・。

中国ドラマ「両世歓」あらすじとネタバレを紹介します。

目次

両世歓 キャスト

景辞(けいじ)/景知晩(けいちばん):于朦朧(アラン・ユー)
風眠晩(ふうみんばん)/原沁河(げんしんか):陳鈺琪(チェン・ユーチー)
慕北湮(ぼほくえん):張思帆(チャン・スーファン)
左言希(さげんき):王宮良(ワン・ゴンリャン)
長楽(ちょうらく)公主:馬月(マー・ユエ)。

全36話

原題:両世歓
原作小説:「両世歓」 作者:寂月皎皎
英語名:The Love Lasts Two Minds

 

第25話 一刀両断

宮中で宮女と宦官の溺死体が発見されました。雍(よう)帝は風眠晩(ふうみんばん)と長楽(ちょうらく)公主に事件の調査を命令。

死亡した宮女と宦官は鄴王府で働く者でした。そこで二人は鄴王府に向かいます。すると趙岩がやってきたので、風眠晩は趙岩と長楽公主を鄴王府に向かわせ、自分は湖の調査に向かいました。

一方、景辞(けいじ)は雍帝と会って「慕北湮と原清離を破談にして風眠晩と結婚させて欲しい」と訴えます。でも自分の息子の腱を切った原清離(切ったのは紀国に行った方)を許さない。雍帝は激怒。景辞は雍帝が思っている原清離は風眠晩(紀国に行った方)だと言いますが。雍帝はとにかく原清離だけは許さないと言います。

風眠晩が湖で長楽公主を待っていると、王則笙(おうそくしょう)と知夏がやってきました。そこで王則笙がわざと湖に落ちて「風眠晩に湖に突き落とされた」と騒ぎ始めます。

その知らせは雍帝にも届きますが。景辞は風眠晩を庇うこともできず。雍帝が処分を言い渡しますが、風眠晩はその当時の状況を説明して冤罪だったと訴えます。

調査の結果、風眠晩は無実だとわかりますが。風眠晩は自分をかばおうとしなかった景辞を冷たく突き放すのでした。

第26話  残酷な真実

姜探(きょうたん)は密かに左言希(さげんき)に会いに来ました。涙を流して謝る姜探に、左言希は父親の監禁場所を探し出して救出すると約束。もう誰も殺めないでほしいと頼むのでした。

一方、風眠晩(ふうみんばん)はうなされていました。記憶を失う薬を飲まされたときの夢を見ていました。目を覚ました風眠晩は原夫人に自分は原清離ではないのでは?訪ねました。慕北湮(ぼほくえん)も原清離でないことは気がついていたと話します。

そしてついに原夫人は、風眠晩がかつて知夏(ちか)にさらわれた原清離(げんせいり)の双子の姉だったこと。知夏がさらって景辞が保護したこと。原清離と景辞が計画して風眠晩と原清離が入れ替わったこと。入れ替わりの計画に雍帝が介入。景辞を雍国に来るようにしむけたことを教えました。

それを聞いた風眠晩は衝撃をうけ倒れてしまい。医者からはしばらく安静にと言われます。

ショックを受けた娘の様子を見た原夫人は景辞(けいじ)への復讐を誓いました。慕北湮も風眠晩を娶ることを約束するのでした。

第27話 婚姻の勅命

景辞(けいじ)は、沁河を離れるときに書いた文が知夏の妨害のせいで風眠晩(ふうみんばん)に届いていなかったこと。そのせいで風眠晩に誤解されていると知ってショックを受け吐血します。

景辞は左言希(さげんき)とともに、雍(よう)帝のもとに行き話をしながら碁をうってました。すると原(げん)夫人と慕北湮(ぼほくえん)やってきて、慕北湮と風眠晩の婚礼の準備が進んでいることを報告。景辞の目の前で雍帝は二人の結婚を許可するのでした。

自室に戻った景辞は、慕北湮なら風眠晩を幸せにできるかもと弱気になります。

そのころ。風眠晩は宮女と宦官の死について捜査をしていました。その二人を殺したのは龍虎軍の近衛兵だったことがわかりました。勤氏は鄴王は宮女と通じていたと話しました。しかし長楽公主は、鄴王が通じていたのは雍帝が寵愛している喬貴嬪ではないかと言います。

左言希が配下の者と話をしていました。姜探の父の居場所が分かったので助けに行くといいます。そのやり取りを聞いていた慕北湮は左言希がなにかたくらんでいるのではないかと疑い、あとをつけました。

第28話 過去との決別

左言希(さげんき)は姜探(きょうたん)の父親を助けに向かいます。左言希は姜探の父親を逃しました。左言希は姜探(きょうたん)も先に行かせてあとから合流するつもりでした。

左言希を不審に思っている慕北湮(ぼほくえん)は風眠晩(ふうみんばん)は彼のあとをつけてその様子を見ていました。二人は姜探を追って敵の隠れ家に辿り着きました。そこには鄴王がいました。

慕北湮と風眠晩は馮亭にみつかってしまい、敵の一団に追いかけられます。そこを慶(けい)王と景辞(けいじ)に助けられました。

一方、景辞に相手にされない王則笙(おうそくしょう)は風眠晩の暗殺を決意。

長楽公主の名前を使って風眠晩を呼び出し、茶を勧めますが、毒がぬられているとあっさり見破られます。

でも王則笙は別の方法を用意していました。立ち去ろうとする風眠晩に記憶が戻る薬を渡しました。風眠晩はその薬を捨てます。しかし王則笙は風眠晩に「兄上の腱を切り山に放置した」と言うのでした。

その後、景辞のもとに「王則笙が戻らない」と知らせが入ります。

 

あわせて読みたい
中国ドラマ「両世歓」29・30・31・32話あらすじとネタバレ 中国ドラマ「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじとネタバレです。 記憶を失ったヒロインが彼女を見守る男とともに謎に挑むラブ史劇。 風眠晩(ふうみんばん)...

 

中国ドラマ「両世歓」全話一覧

あわせて読みたい
中国ドラマ「両世歓」あらすじ全話一覧 中国ドラマ「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」は架空王朝を舞台に記憶を失ったヒロインと王子が謎に挑むラブ史劇。 記憶を失い2つの人生「世」を生きるヒロイン風眠...

 

コメント

コメントする

目次
閉じる