高敏(こうびん)コウランの意地悪ママ母は名家出身のお嬢様

コウラン伝 コウラン伝

中国ドラマ「コウラン伝・始皇帝の母」で主人公・ 李皓鑭(り こうてらん)をいじめる継母(ままはは)が高敏(こう びん)です。

名家の出身をいいことにわがままに振る舞う典型的なイジワルなママ母として描かれています。

ヒロイン 李皓鑭(り こうらん) のモデルは始皇帝の母・趙姫。でも趙姫の本名も両親もわかっていません。

というわけで 高敏 は架空の存在になるのです。この記事ではドラマ「コウラン伝」に登場する 高敏(こう びん) を紹介します。

高敏は架空の人物なので、人物紹介するとあらすじの紹介にもなってしまいます。ドラマのネタバレも含まれているのでご注意ください。

スポンサーリンク

高敏(こう びん)とはどんな人?

高敏は李赫(りかく)の正妻です。 李赫 も架空の人物です。趙の国で朝廷に仕える秘書官のような仕事をしています。

李赫 と 高敏 の間には岫玉(しゅうぎょく)という娘がいます。

高敏は名門の高家出身です。兄は将軍の 高猛(こうもう) 、妹は孝成王の側室・高少妃です。

高敏は実家の力を使って李赫(りかく)の妻・王氏を妾に、自分を妻にさせました。

いくら結婚したい相手がいるからとはいえ。相手の男性にはすでに妻がいるのに実家の力を使って妻を妾にして、無理やり結婚するとはなんとも無茶な人です。

李赫の妻になった高敏には実の娘・ 岫玉(しゅうぎょく) が生まれたのです。

ドラマ「コウラン伝」の高敏

野心家の 高敏は自分の娘・ 岫玉 を王家に嫁がせようと考えていました。

ところが皓鑭が蛟王子の恋人になっていました。 皓鑭 は前妻の王氏の娘。 皓鑭 が王族と結婚しても高敏は面白くありません。

しかし蛟王子は王になるため力のある高家との結婚を選びました。高敏は思惑通り実の娘・岫玉 を 蛟王子と結婚させることに成功しました。

高敏はその後も、皓鑭を排除しようとします。 高敏は皓鑭を罠にはめて河に落として殺害しようとしました。

でも 皓鑭 は生き延びて戻ってきました。そして皓鑭の母・王氏を殺しているところを見られてしまいます。

高敏と李赫は手を組んで皓鑭を重臣の虞平と結婚させようとします。厄介払いです。

でも虞平との結婚が嫌な 皓鑭 は病になったふりをします。 蛟王子も李家を訪ねて 皓鑭 が病になったことを確認します。でも高敏は信じません。

高敏は 皓鑭を追い出しますが、皓鑭は踊りが認められ宮中に出入りするようになりました。 高敏も娘を助けるため宮中に出入りします。

岫玉は宮中に出入りする皓鑭に嫌がらせをします。でもそのせいで岫玉は蛟王子と口論になってしまいます。高敏はおちこむ岫玉 を慰めました。

やがて岫玉は呂不韋の策略で死亡します。

すでに重い病になっていた 高敏は 娘の死を知り衝撃のあまり意識不明になってしまいます。

高敏は自分の命が短いと知り最後に娘の復讐を考えます。

高敏は李赫とともに王氏の墓参りに行きました。すると 皓鑭 とはちあわせして、 皓鑭 が怒り出します。すると 高敏は 王氏を李家の墓に入れ正妻の座を王氏に譲ると皓鑭に言います。

高敏は皓鑭を呼んで「母の死を償わなければいけない」といいます。そして薬用人参にヒ素を混ぜて飲みました。血を吐いて倒れる高敏 。高敏は死の直前、皓鑭の母の殺害を李赫が認めていたことを明かしました。

侍女が 皓鑭が 高敏 を殺したと叫びました。高敏 の兄・ 高雄陽 は激怒して 皓鑭 を殺そうとします。

典型的なイジワル継母

ヒロイン ・李皓鑭(りこうてらん) のモデルになった趙姫は、本名も家族もわかっていません。

でも趙姫は趙の国の名家出身という説もあります。その名家出身の趙姫がなぜ家を出て商人の呂不韋と行動をともにしていたのか?という答えのひとつをドラマ的に再現すると継母にいじめられて家を追い出されたから。という演出になるのでしょう。

そのために設定されたキャラが高敏なのです。だから最初から最後まで悪役に徹しているのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました