麒麟が来る 美濃編 登場人物紹介

麒麟がくる 2020_麒麟がくる

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」は明智光秀が主人公です。

若いころの明智光秀が描かれる美濃編の登場人物と演じる役者さんを紹介します。

スポンサーリンク

明智家の人々

明智 光秀(あけち みつひで)

身分が高いとは言えない美濃の明智家に生まれます。勇猛果敢な性格と類まれなる知力をもち、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされて道三の家臣として重用されます。やがて主君として付き従った道三が義龍に討たれると美濃を追われます。放浪のすえ後半生の主君・織田信長と出会い彼の運命が大きく動き出します。

演:長谷川 博己(はせがわ ひろき)

煕子(ひろこ)

光秀の正室。美濃の土豪・妻木氏の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えとなる女性です。

演:木村文乃

牧(まき)

光秀の母。光秀が幼少時に死んだ父の代わりに「武士としての心構え」を諭す厳しく心優しい母。

演: 石川 さゆり

明智光安(あけち みつやす)

光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主。道三の家臣。
明智家の行く末を常に案じています。

演: 西村 まさ彦(にしむら まさひこ)

藤田伝吾(ふじた でんご)

明智家に仕える家臣。実直な性格だが戦闘能力は非常に高い。常に光秀のそばに付き従います。

演: 徳重 聡

斎藤家の人々

斎藤道三/利政(さいとう どうさん/としまさ)

美濃の守護代で光秀の主君。一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と狡猾な政治力を持ち、金銭への執着も強い。

演:本木雅弘(もとき まさひろ)

斎藤義龍/高政(さいとう よしたつ/たかまさ)

道三の嫡男。母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)。自らの出自に疑問をもつため父との折り合いは悪い。光秀の幼いころからの学友 です。

演:伊藤 英明(いとう ひであき)

帰蝶/濃姫(きちょう/のうひめ)

道三の娘(母は正妻・小見の方)。光秀とは姻戚関係。幼いころからの付き合いもあります。政略結婚のため織田信長の正妻になります。

演:沢尻 エリカ(さわじり えりか)

深芳野(みよしの)

守護代・斎藤道三の側室。斎藤高政(義龍)の実母。もとは守護・土岐頼芸(とき・よりのり)の愛妾でした。そのため高政は土岐 頼芸 の子ではないかと疑っています。

演:南 果歩(みなみ かほ)

稲葉良通/一鉄(いなば よしみち/いってつ)

美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人。はじめ土岐頼芸の家臣でした。のちに道三の家臣になります。道三の強引なやり方に不満を持っています。

演:村田雄浩

その他の人々

駒(こま)

光秀が京で出会う娘。医師・望月東庵の助手をつとめています。
戦災孤児。伝説のいきもの・麒麟の存在を信じています。

演:門脇 麦(わどわき むぎ)

菊丸(きくまる)

光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で敵か味方かわからない。常に光秀の危機を助けます。

演:岡村 隆史(おかむら たかし)

コメント