MENU

ブギウギ:山下達夫のモデルは笠置シヅ子のマネージャー 山内

bugiugi1

山下達夫は NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ブギウギ」の登場人物。

演じるのは近藤芳正 さん。

山下達夫のモデルになったのは笠置シヅ子のマネージャー・山内義富です。

ドラマ「ブギウギ」の山下達夫とモデルになった山内義富を紹介します。

 

目次

ドラマ「ブギウギ」の山下達夫とは

名前:山下達夫
演:近藤芳正

五木が去った後。福来スズ子のマネージャーになった人物。
村山興業の元やり手社員。村山愛助の紹介で来ました。愛助が小さい頃から面倒をみていました。

 

演じるのは近藤芳正さん

  愛知県名古屋市出身。 1961年生まれ。

「中学生日記」の「近藤芳正」役でデビュー。
その後は多くの舞台、ドラマ、映画に出演。
NHKの出演も多いです。

出演作は

連続テレビ小説
 「春よ、来い 」 工藤 
 「てるてる家族」 米原恭司 
 「おひさま」 飯田小太郎
 「純と愛」 粕谷部長 
 「半分、青い」 北野編集長
 「なつぞら」 野上健也
 「カムカムエヴリバディ」 木暮洋輔

大河ドラマ
 「元禄繚乱」宮脇太郎次
 「武蔵 MUSASHI」 宮内典膳
 「風林火山」 相木市兵衛 
 「軍師官兵衛」 柴田勝家
 「真田丸」 平野長泰 
 「西郷どん」 田中雄之介
 「青天を衝け」 幣原喜重郎 

など。

モデルは 山内義富

コロムビアから吉本興業へ

山下達夫のモデルは山内義富です。

山内義富は大阪出身。
コロムビアレコードに入社。制作部で音楽のプロデュースなどをてがけました。

コロムビア時代に服部良一が作曲、笠置シヅ子が歌った「アイレ可愛や」をプロデュースしています。

戦中、戦後は吉本興業に入社していました。

笠置シヅ子のマネージャーになる

笠置シヅ子は空襲の激しくなる第二次大戦末期には歌手活動ができず、恋人の吉本頴右(よしもと えいすけ)とともに吉本から紹介された家で暮らしていました。

昭和21年(1946年)。戦後、笠置シヅ子は歌手活動を再開。そのとき吉本頴右が笠置シヅ子のマネージャーとして紹介したのが吉本興業の社員になっていた山内義富でした。

山内義富はやりてのプロデユーサー。コロムビア時代から面識があったせいか、笠置シヅ子は山内義富を「おじさん」と呼んで信頼していました。笠置シヅ子は山内義富の妻とも親しくなり、家族ぐるみの付き合いをするほど親しくしていました。

笠置シヅ子と吉本頴右の間を往復

笠置シヅ子と吉本頴右は結婚を前提にした交際を続けていましたが。頴右の母・せいは二人の結婚をなかなか認めませんでした。

昭和21年(1946年)。このころ笠置シヅ子は頴右の子を身ごもっていることに気づきました。

吉本頴右は病気の悪化と吉本の財産整理のこともあり兵庫の西宮に戻って静養することになりました。

頴右が西宮に戻ってからは山内義富は東京のシヅ子と関西の頴右のもとを往復。今後のことについて話し合いました。

この件が一段落したら結婚を認めてもらうことになっていたといいます。吉本せいもシヅ子が妊娠が分かってからは態度を和らげ徐々に二人の結婚を認めるようになっていきました。

昭和22年(1947年)。笠置シヅ子は世田谷の吉田松陰神社の前にある家を借りて山内義富の家族とともに暮らしました。

しかし頴右の結核は悪化。身重のシヅ子に代わり山内義富もお見舞いにいきましたが、頴右は5月に亡くなります。

頴右の死後。シヅ子は娘のヱイ子を出産。子供を育てながら歌手に復帰。「東京ブギウギ」などのヒット曲にも恵まれ大スターになりました。

このときも山内義富がシヅ子のマネージャーを務めていました。シヅ子は山内義富をすっかり信用して財産管理も任せていました。

マネージャーを解雇される

笠置シヅ子・渡米前のトラブル

昭和25年(1950年)。笠置シヅ子と服部良一はアメリカ公演を企画。5月に渡米することになりました。ところがアメリカの興行主から服部良一のもとにクレームが入りました。

というのは、美空ひばりが笠置シヅ子の1ヶ月先にアメリカ公演、笠置シヅ子の歌を歌うというのです。このころ美空ひばりは笠置シヅ子の歌を本人そっくりに歌い「ベビー笠置」と言われ人気になっていました。笠置シヅ子のモノマネが本人より先に来て歌われたら興行にならんというので興行主が苦情を言ってきたのです。

仕方なく服部良一は美空ひばり側に服部良一の作った曲はアメリカ公演では歌ってはいけないと通達しました。どの歌を誰に歌わせるかは歌を作った人間に権利があります。

しかし美空ひばりは無視して渡米して歌いました。

この出来事はマスコミの間でも大きく報道され。「笠置シヅ子と美空ひばりは不仲だ」「笠置シヅ子は美空ひばり荷嫌がらせをしている」と報道されました。

でも笠置シヅ子と美空ひばりの歌手同士の問題ではなく。歌手の周りにいてマネジメントする人たちの問題でした。美空ひばりのマネージャーが笠置シヅ子に不利な発言をし、マスコミが過激に煽った報道をしたのも問題でした。

この事件に山内義富が関わっていると噂されました。

 

山内義富が笠置シヅ子の財産を持ち逃げ

美空ひばりの渡米問題があったころ。笠置シヅ子のマネージャー・山内義富がシヅ子の財産を使い込んでいたことが発覚。

シヅ子は財産の多くを失いました。

山内義富は仕事熱心で温厚、酒も飲まなかったと言いますが。いつのころからかヒロポンという合成麻薬に手を出します。

当時の芸能界は暴力団との付き合いがあり楽屋で賭け事やヒロポンという合成麻薬が売買され。依存症になる芸能人関係者も多くいました。麻薬は暴力団の資金源になっていたようです。

山内義富はいつしかヒロポンに手を出し、ヒロポンを買うために賭けマージャンに夢中になり。借金を多く作っていました。

昭和25年(1950年)。そして山内義富は笠置シヅ子から管理を任されていた財産を使ってしまいます。当時のお金で350万円。現在の価値で1億円近い大金です。このとき笠置シヅ子は世田谷に家を新築する予定で工事の契約も済ませました。この350万円は家を新築するために用意したお金でした。山内はそれを持ち逃げしたのです。

笠置シヅ子はアメリカから帰国後、失った財産を穴埋めするために地方公演も積極的に行い必死に働くことになります。

笠置シヅ子は山内義富をクビにしました。

信頼していた山内に裏切られたショックは大きかったようです。

美空ひばり「ブギを歌うな事件」の真相

笠置シヅ子の渡米計画は直前まで部外者には知らされていませんでした。でも美空ひばり側は笠置シヅ子のアメリカ公演を知って、シヅ子の1ヶ月前に渡米しました。

どうやら山内義富が美空ひばりのマネージャー・福島博に笠置シヅ子の予定を漏らしたようなのです。

福島博は山内義富とはかつて二人共吉本興業にいて、知った仲でした。

マネージャーとしての経歴は山内義富の方が上です。福島博はマネージャーとしての経験は浅いですが、彼が手掛ける美空ひばりは人気上昇中です。

そこで借金に困った山内義富が福島博に笠置シヅ子の渡米計画を漏らし、金銭的な援助を受けようとしたのではないかと言われます。もしかすると美空ひばりの渡米を提案したのも山内義富だったかもしれません。

今となっては確かめようがありませんが。当時の芸能関係者の間ではこのような噂が流れ、週刊誌の記事にもなりました。

笠置シヅ子としては、お金を持ち逃げされたのは大きなダメージです。でも信じていた人に裏切られたショックも相当大きかったでしょう。家族ぐるみで付き合い、信頼して財産の管理まで任せていた人物を解雇するのですからよほど許せなかったのでしょうね。

笠置シヅ子のマネージャーを解雇された山内義富は雀荘などで目撃されていますが。その後、どうなったかはわかりません。

 

ドラマの山下達夫は裏切らない?

現実の笠置シヅ子はかなり苦労している人で。マネージャーにも2度裏切られています。でもドラマ「ブギウギ」は苦労話的な部分は少なく。悪人はほぼいませんし、裏切りもありません。気楽に見られるコントのような作りになっています。

そのためでしょうか。ドラマの山下達夫は史実の山内義富と違って不祥事は起こさないみたいです。

スズ子を裏切ることもなさそう。最後までいい人みたいです。でも歳ですからいつかは辞めるのでしょう。

ドラマではどのような経緯で辞めるのでしょうか?気になりますね。

 

連続テレビ小説 ブギウギ Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 ブギウギ Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)

足立 紳, 櫻井 剛
1,320円(02/25 12:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次