MENU

虎に翼:中山千春のモデル 中田正子は女性初の弁護士会会長

虎に翼

中山千春(なかやま ちはる)は NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」の登場人物。

ヒロイン・猪爪寅子より1期上で同じ時期に司法試験を合格した仲間です。

演じるのは安藤輪子さん。

中山千春のモデルになったのは 三淵嘉子と同じ時期に弁護士になり、女性初の弁護士会会長になった中田正子。

 

ドラマ「虎に翼」の 中山千春とモデルになった 中田正子を紹介します。

目次

ドラマ「虎に翼」の中山千春とは

中山千春(なかやま ちはる)
演:安藤輪子

猪爪嘉子の一期上の上級生。
聡子と同じ女子部一期生。
優しくて人当たりが柔らかく涙もろいところがあります。

既婚者で、夫は戦地に行っています。

中山千春のモデル? 中田正子とは

中山千春のモデルになったのは女性初の弁護士の中田正子(旧姓:田中)と久米 愛と思われます。

二人の人物の経歴から中山千春の人情味がある家庭的などのキャラクター性にあいそうな部分を組み合わせて作ったようです。

田中正子は明治43年(1910年)東京で生まれました。

東京府立第二高等女学校を卒業後。女子経済専門学校に入学。校長の新渡戸稲造たちの教えを受けました。その後、日本大学法学部の専修生になりました。女性だったため正規の学生とはしては扱われませんでした。

昭和9年(1934年)に明治大学女子部に入学。経て明治大学法学部に入学しました。

昭和12年(1937年)。女性で初めて司法試験の筆記試験に合格しましたが。口述試験で不合格。正子は試験でも普通に答えられたので合格すると思っていました。不合格の知らせには驚きました。

当時は「女性だから落とされたのではないか」と噂されました。

昭和13年(1938年)。この年、筆記試験を合格した三淵(武藤)嘉子や久米(藤原)愛とともに口述試験を受けて3人とも合格しました。

当時の新聞にも大きく取り上げられました。その後は3人共見習い弁護士補(見習い)になり丸の内の法律事務所で1年半研修を受けました。

正子は三淵嘉子や久米愛と親しくして毎日のように丸ビルに集まりおしゃべりや情報交換をしていたといいます。

28歳のとき中田吉雄と結婚。

昭和15年(1940年)。弁護士登録。正式な弁護士になりました。正子が扱った案件は男女関係のトラブルに関するの仕事が多かったようです。このとき30歳でした。

岩田宙蔵の事務所で勤務しました。弁護士としての活動をするとともに雑誌「主婦の友」で法律相談を担当。雑誌に掲載されていない質問にも返事を書いていました。読者の質問も男女関係のトラブルの相談が多かったようです。

夫・吉雄の病気療養のため、吉雄の実家のある鳥取に引っ越ししました。

戦後。夫の吉雄は県会議員に当選。その後、国会議員になり東京で暮らすことが多くなりましたが。

正子は議員の妻として選挙活動を手伝ったり雑用をこなすほか、鳥取で弁護士事務所を開いて弁護士活動を続けました。

都市部にいたときには主に男女関係のトラブルが多かったのですが、鳥取では民事事件や刑事事件など様々な以来がありました。殺人事件の弁護もしたことがあります。

戦後。新憲法で男女平等が宣言されると、正子は様々な婦人の会で講演を行いました。

弁護士活動も精力的に続け、女性初となる鳥取県弁護士会会長になりました。

日本弁護士連合会理事など要職を務めました。功績が認められ勲四等瑞宝章を受賞しました。

正子が鳥取でクラスようになってからは嘉子と減り機会は減りましたが。三淵夫妻が鳥取を訪れたり、嘉子と電話で連絡をとりあい仕事の件で相談することもありました。

三淵嘉子とは生涯にわたって関係が続きました。

平成14年(2002年)死去。享年91歳でした。

 

他にも、弁護士になったときには結婚している。夫が徴兵され戦争に行っているなどの部分は久米愛をモデルにしているようです。

こちらも合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
虎に翼:久保田聡子のモデル 久米愛とは 久保田聡子(くぼた さとこ)は NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」の登場人物。 ヒロイン・猪爪寅子より1期上で同じ時期に司法試験を合格した仲間です。 演じ...

 

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次