ユン・イソ(ホンシム)[100日の郎君様]のモデルとネタバレ

ユン・イソは韓国ドラマ「100日の郎君様」に登場するヒロイン。

父は逆臣の汚名を着せられて粛清され。

ユン・イソと兄ソクハは逃げました。

その後、名を「ホンシム」と変えて庶民の生活をしています。

韓国ドラマ「100日の郎君様」は李氏朝鮮を舞台にした物語。でも登場する人物は王もふくめてみな架空です。実在の人物は登場しません。

ユン・イソにはモデルになった人はいるのでしょうか?

ドラマのユン・イソの紹介をします。

目次

ドラマ「100日の郎君様」のユン・イソ

プロフィール

ユン・イソとして

名前:ユン・イソ(尹利蓃)
地位:両班
父:ユン・ブジュン(尹部凖)
母:
兄:尹昔河 (ユン・ソクハ)
夫:イ・ユル(李律)?

ホンシムとして

名前:ヨン・ホンシム(延洪心)
地位:庶民
夫:ウォンドゥク(羅願得)
兄:ムヨン(無煙)=ユン・ソクハ
養父:ヨン(延)氏

父が謀反人にされて殺害

ユン・イソは重臣ユン・ブジュンの娘。

ところが重臣キム・チャオンたちがユルの父をかついで王にしようと陰謀をたくらみ。イソの父が逆賊にされ、殺害されてしまいます。

イソはイソは兄とともに逃げのびました。

ホンシムと名を変えてウォンドゥクと結婚

その後、ヨン氏という人に拾われ育てられました。
名前を「ホンシム」と変えて地方の村で暮らしました。

16年後。

あるとき王世子の命令で、全国の独身男女を翌月末までに結婚させるようにと命令がでました。

期日までに結婚しなかったホンシムは役所に連れて行かれて百叩きの刑になると言われます。(中国・朝鮮での百叩きはかなり過酷な刑罰で弱い人なら死ぬ可能性が高い。事実上の撲殺)

それはホンシムを妾にしたいと企むパク令監の計略でした。

そこに養父のヨン氏が婚約者のウォンドゥク(ユル)が見つかったと言って連れてきます。

嫌がるウォンドゥクを説得してホンシムはウォンドゥクと結婚しました。

ところがウォンドゥクはおそろしいほどの世間知らず。インチキ商売師にだまされて高額な商品を買ってしまったり。

ホンシムが力仕事や畑仕事をさせてもできません。水くみに行けば倒れてしまいます。

ホンシムは借金返済のためよろず屋をはじめました。

記憶のないウォンドゥクから自分がどんな人間なのか教えて欲しいと言われますが、ホンシムには答えられません。

ウォンドゥクが字をかけることを知ったホンシムは本の模写で稼ごうと考えます。

左相の刺客になっていたムヨンが世子のユルを探すためにホンシムの村にやってきました。ムヨンはホンシムの兄でした。離れたくないと泣いてすがるホンシムでしたが、ムヨンは今度の仕事が終わったら一緒に逃げるからそれまで待って欲しい言われます。

ホンシムを妾にしたいパク令監は、ならず者を使ってホンシムを誘拐しました。ウォンドゥクが助けに来てならず者たちを倒してしまいます。

いったいウォンドクは何者なのかと驚いて養父ヨン氏に問いただすと、ウォンドゥクは本物のウォンドゥクではない、倒れていた人物なのだと教えられます。でもウォンドゥクに情がうつっていたホンシムはそのことを言えません。

自分の正体を知ったユンは王宮へ

ところがウォンドゥクは自分の正体を世子のユンだと知っていしまいます。でも記憶はまだ戻っていません。左相キム・チャオンに騙されていました。

ホンシムはユルから自分たちの縁も終わりだと言われ、ユルは王宮に行ってしまいます。

しかしユルは記憶を取り戻しホンシムがイソだと気づきました。再び会ってお互いの心を確かめ合う二人。

記憶をすべて取り戻したユルは左相キム・チャオンと決別し復讐を誓います。しかし左相の刺客のムヨンがホンシムの兄だと知ってユルは衝撃を受けます。

やがて戦争がおこりユルは戦場に向かいキム・チャオンとの決着をつけました。

ホンシムは帰ってきたユルと再開します。ユルはホンシムを両班の身に戻し、ユン・イソに戻って結婚しようと言います。

しかしホンシムは自分と兄の存在がユルを苦しめていると思い「私を許さないでください」と言いユルのもとを去りました。

ユンのプロポーズ

1年後。

ホンシム=イソは両班の身分に戻りましたがまだよろず屋をしていました。

イソはジェユンから結婚を申し込まれていました。

そこにユルがやってきます。
一度はユルを拒んだイソですが。

赤い書物をみつけました。それはイソがウォンドゥクだったときに書いた日記でした。

その中にはイソ=ホンシムとの生活の日々が綴られていました。
イソはその日記を読み涙が出ました。

そしてユンを探して再開。

ユンの「宮殿に行こう」というユンのプロポーズを受けます。

(終わり)。

ユン・イソのモデル

こちらでイ・ユルのモデルは昭顕世子+鳳林大君+光海君と書きました。

あわせて読みたい
イ・ユル(ウォンドゥク)[100日の郎君様]のモデルとネタバレ イ・ユルは韓国ドラマ「100日の郎君様」に登場する人物。 朝鮮王朝の王子なのに記憶喪失になって「ウォンドゥク」という名前で庶民の生活をします。 韓国ドラマ「100日...

世子の父がクーデターで王になってる。
明と女真の戦争の時期に生きている。
ドラマの悪い重臣がキム・ジャジョムをモデルにしてるのでその時期に生きた人。
世子の時に戦場に出ている。
などの理由です。

するとユン・イソのモデルはその妻(正妻)なのでしょうか?

昭顕世子 の正妻は 嬪宮姜氏
鳳林大君(孝宗)の正妻は 仁宣王后張氏
光海君  の正妻は 廃妃柳氏

尹氏はいません。

尹氏で王妃になった人といえば。

世祖 貞熹王后尹氏
成宗 貞顕王后尹氏、廃妃尹氏
中宗 章敬王后尹氏、文定王后尹氏

がいます。

イメージに近い王妃はいませんね。
 
ユン・イソはモデルのいない架空の人物のようです。

尹氏といえば朝鮮中期までは続々と王妃をだしている名門でした。
尹氏は名門出身のヒロインの姓に使いやすかったのかもしれません。

でも尹氏出身の王妃は強烈な個性の人が多いです。ユン・イソが王妃になるといろいろと起きていたのかもしれませんね。

 

出典:amazon

コメント

コメントする

目次
閉じる