MENU

虎に翼:寅子の父・猪爪直言のモデル・武藤貞雄とは

虎に翼

猪爪直言(いのつめ なおこと)は NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」の登場人物。

ヒロイン・ 猪爪 寅子の父親です。

演じるのは岡部たかしさん。

ドラマ「虎に翼」の 猪爪直言とモデルになった三淵嘉子の父親について紹介します。

目次

ドラマ「虎に翼」の猪爪直言とは

名前: 猪爪直言(いのつめ なおこと)
演:岡部たかし

寅子の父。
多少のことでは怒らない優しい父親。妻を大変怖がっています。

法律を学ぼうとする寅子を応援しています。

 

武藤貞雄とは

猪爪直言のモデルになったのは三淵嘉子の父・武藤貞雄。

香川の丸亀市で生まれ育ち武藤家に養子入り

出身地は 香川県丸亀市。

貞雄は宮武家の生まれでした。
実家の宮武家は丸亀藩で御典医を務めた家系です。

貞雄は高等小学校を卒業後、奉公に出る予定でしたが。
優秀だったので武藤家の養子になります。

武藤家は後に貞雄の妻になるノブの実家(ノブ自身も武藤家の養子)。
将来の婿養子として武藤家に入ったのでした。

旧制中学校の丸亀中学校(現在の丸亀高校)に進学。卒業後は、第一高等学校から東京大学に進学しました。

エリート銀行員

東大卒業後は台湾銀行に就職。
台湾銀行は台湾での紙幣発行権を持つとともに、一般向けに銀行業務も行っていました。

貞雄は武藤ノブと結婚しました。

貞雄は銀行マンとしても優秀でした。

そのため大正2年(1913年)シンガポール支店に転勤。このときは妻のノブも一緒です。
シンガポールでは長女の嘉子が生まれました。シンガポールは漢字で「新嘉坡」と書きます。そこから「嘉」の字をとって嘉子と名付けました。

その後、長男の一郎が生まれます。

大正5年(1920年)。ニューヨーク支店長になり、アメリカに転勤。
このときは単身赴任でした。
妻と子は妻の実家・香川県丸亀市の武藤家で暮らしました。

大正9年(1920年)アメリカから帰国。東京勤務になりました。
そこで渋谷に家を借りて妻と子をよんで家族で暮らしました。その後、麻布笄町(港区西麻生)に引っ越し。

大正12年には関東大震災がありましたが、幸いにも一家は無事でした。

娘の嘉子にアドバイス・進学を応援

長女の嘉子は成績優秀で、東京女子高等師範学校(お茶の水大学)に入学。当時の女学校は花嫁修業の場と考えられていて、ノブはこれで嘉子がよいお嫁さんになれると安心しました。

でも貞雄は進んだ考えの人で、アメリカでの生活もあり女性の社会進出に理解ありました。

娘の嘉子には「ただ普通のお嫁さんになる女にはなるな。男と同じように政治でも経済でも理解できるようになれ。それには何か専門の仕事を持つための勉強をしなさい。医者になるか弁護士はどうか。」と勧めました。

武藤家の祖先は医者です。そういうこともあり医者を勧めたのかも知れませんが嘉子は血を見るのが苦手でした。そこで貞雄は弁護士を勧めます。嘉子は法律に興味をもちました。

でも当時はまだ弁護士も裁判官も男だけ。貞雄は「いずれ道は開ける」と嘉子を励ました。

このころ法改正の動きがあり、将来的に女も弁護士になれる見通しがたちました。明治大学はいち早く女性のための専門部女子部を開設。

嘉子は開設されたばかりの明治大学女子部に進学することにしました。嘉子は女学校の教師から止めたほうがいいと言われましたが「父の了解はとってありますから」と譲りません。

ノブが法事のため実家に返っている間に学校の入学手続きを済ませました。ところがノブが実家から戻ってきて、明大専門部に入ると知って怒って泣き出しました。

貞雄と嘉子は時間をかけてノブを説得。ノブもようやく納得しました。

嘉子の結婚をサポート

渋谷の武藤家には何人かの書生が暮らしていました。貞雄と同郷の知人の子らに東京での住処を提供していたのです。何人かいた書生に和田芳夫という書生がいました。貞雄の丸亀時代の友人の知人の子でした。

やがて芳夫は東洋モスリンという会社に就職。独立しました。

このころ娘の嘉子は弁護士になっていました。当時は女性が法律の仕事をすると白い目で見られる時代です。貞雄は嘉子が結婚できないのではないかと心配して、嘉子に誰か好きな人はいないかと聞きました。すると嘉子は「芳夫さん」と言ったので貞雄は驚きます。芳夫は武藤家にいた書生のなかでも目立たない方だったからです。

貞雄は芳夫の所に行き、「娘があなたを気に入っているどうだ?」と言って頼み、嘉子と芳夫の交際が始まり、二人は結婚しました。

貞雄の最期

やがて戦争が始まりました。

貞雄は台湾銀行を退職。神奈川県川崎市で火薬を製造する会社を経営し始めました。

昭和19年(1944年)。長男の一郎が戦死。貞雄とノブは悲しみました。

昭和20年(1945年)。日本本土への空襲も激しくなり。貞雄は妻ノブとともに会社の社員寮で暮らしました。嘉子と子の芳武、一郎の妻・嘉根は親類のつてを頼って福島に疎開しました。

途中、貞雄は嘉子たちの生活を心配して泰夫に様子を見に行かせています。

終戦。

昭和22年(1947年)。妻のノブが脳溢血で倒れ亡くなりました。

その年。貞雄も肝硬変で亡くなりました。

晩年は不幸の連続でした。

 

三淵嘉子の父・武藤貞雄は当時としては大変進んだ考えの持ち主で。女性が弁護士になることができない時代。やがてやってくる女性が弁護士になれるときにそなえて、嘉子に法律の勉強を勧め、応援しました。

父の存在がなくては日本で女性初の弁護士で裁判所長・三淵嘉子は誕生しなかったかも知れません。

 

連続テレビ小説 虎に翼 Part1 NHKドラマ・ガイド

連続テレビ小説 虎に翼 Part1 NHKドラマ・ガイド

吉田 恵里香
1,400円(04/18 16:09時点)
発売日: 2024/03/25
Amazonの情報を掲載しています

 

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次