韓国時代劇「不滅の恋人」第16・17・18話 あらすじとネタバレ

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

 

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第16・17・18話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。

ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

目次

不滅の恋人 第16話 あらすじとネタバレ

フィは上王を奪回する

ヤンアン大君は、流刑地にいる上王を密かに殺そうと計画します。その計画をしったフィは邪魔なものを消そうとするアンアン大君のやり方に怒りがこみあげます。王宮のイ・ガンは食事中に突然失神が出て毒を盛られたと疑っていました。さらに王衣を着ても発疹が出ます。カンは周囲の者が信じられなくなり疑心暗鬼になっていました。

上王の流刑地に継いたフィとチャヒョンは官軍と女官を装って兵士たちを酒で酔わせ、上王を救出しました。フィ達は上王を暗殺しようとする兵との戦いにも勝ち山寺に逃げ込みます。

上王が逃げたとの報告がカンのもとへ届きました。カンは上王やチャヒョンが連れ去られたこと、毒を仕込まれたことは自分を追い落とそうとする者がやったことだと思いこんでいました。カンは毒を仕込んだのはヤンアン大君だと考えました。上王を流罪にして殺そうとしたのはヤンアン大君、女真族との戦いでフィを罠にかけたのもヤンアン大君。そして自分も狙われていると思い込みヤンアン大君を潰すしかないと考えました。

カンはヤンアン大君を監禁する

ト・ジョングクが毒はヤンアン大君の仕業だと突き止めます。ヤンアン大君は毒のことをヤンアン大君に白状しました。でもそれはカンを殺そうとしたのではなく上王を死刑にする名分が欲しかったのだといいます。それを聞いたカンは「私はそんなに無力だと思うのか」「叔父上は私を操り人形にしたのだ」と怒り出しヤンアン大君を切ろうとします。でも切ることができずヤンアン大君を監禁にしました。

後日。女真族の使者がやってきました。カンが王となったので約束通り領地を渡せというのです。しかし女真族との裏取引がばれるのを怖れたカンは女真族の使者を斬ります。

その翌日カンはチャヒョンが山寺にいることを突き止めました。

不滅の恋人 第17話 あらすじとネタバレ

フィは女真族から密書を手に入れる

カンは女真族の使者を殺害した後、彼らの宿舎からカンと女真族の密約が書かれた密書を奪おうと探しました。しかし密書は見つかりません。一方のフィは女真族の使者のもとを訪れ、彼らと戦をする意思はない。手を取り合う機会を与えたいと告げます。心を動かされた使者はフィに笛を渡します。その笛の中にはカンが探していた密書が入っていました。

上王を匿うフィとチャヒョン

その帰り道、フィとチャヒョンは上王のいる山寺にカンが向かおうとしているのをしります。二人は先回りして上王を匿おうとしました。チャヒョンは山寺に残り時間を稼ぎました。

チャヒョンをみつけたカンは妻が与えた拷問に胸が痛くなりますが、フィの仲間とともに行動していることを知り心中穏やかではありません。チャヒョンはそんなカンに対して賭けに出ました、側室ではなく王妃にしろと言ったのです。カンは驚きました。しかし妻ナギョンが解任していることを告げられチャヒョンも驚きます。そしてチャヒョンは何事もなく帰されました。フィは縁起とはいえチャヒョンがカンを受け入れたように装ったことに複雑な気持ちでした。

ヤンアン大君の最期

数日後、ト・ジョングクは王妃ナギョムの兄チャジュンに、上王が謹慎中のやんあん大君のもとにいると言います。ヤンアン大君のもとに向かったチャジュンは上王の姿を目撃しました。さらに家の中から密書が見つかりました。フィの作戦でした。カンはヤンアン大君に裏切られたと思い激怒します。ヤンアン大君は逆徒の謀略だといいますが、カンは信じません。ヤンアン大君を死罪にしました。

ヤンアン大君は自ら育てたカンの手で命を失いました。

不滅の恋人 第18話 あらすじとネタバレ

伯父を陥れたことに悩むフィ

カンが密書を燃やしていると、ヤンアン大君の死の報告がありました。カンは唯一の家族と思っていた伯父の死に喪失感を覚えます。そしてチャヒョンを恋しく思うのでした。

その頃、フィは伯父を討った罪悪感に悩んでいました。兄と同類になったと思ったのです。チャヒョンはそんなフィを「己を汚さず的に勝つことはできません」と励まします。昔のチャヒョンなら口にしなかったような言葉に驚くフィ。変わってしまった自分が嫌いかと尋ねるチャヒョンに「強くなり美しくなった」とこたえるフィ。

フィが生きていることを知る大王大妃とカン

フィは自分と上王の無事を大王大妃に知らせることにしました。チャヒョンは大王大妃に会い、フィの手紙を届けます。我が子の無事を知った大王大妃は慟哭しました。

カンもフィが生きているとと知り黒幕がフィだったと気づきます。チャヒョンを呼び出し、王妃になりたいと言ったのはフィを匿うためだったのかと問い詰めますが、チャヒョンは白をきります。そのころ、ソン・オクが明から帰国します。明の承認がえられればカンの王座は安泰になるはずでした。しかし明の答えは「使節団を派遣するので王に謁見する」というもの。焦ったカンは上王を探し出すように命令しました。

決起の前夜

フィは上王の復位のため行動を起こします。ソン・オクに強力をもとめました。またフィのもとにもかつて北方で助けた者たちが集まってきました。

決起前夜「明日が終われば平和が訪れ、夫婦になれる」とフィはあえて明るくチャヒョンに言います。しかし今夜が永遠の別れかもしれないという恐怖が二人を襲います。チャヒョンは「今夜私は大君様の真の花嫁となります」と想いを告げます。フィはチャヒョンの気持ちに心をうたれ二人は一つになりました。

翌朝、フィはチャヒョンを巻き添えにしたことに後悔しますが、チャヒョンはもし生涯を閉じることになっても後悔しないと言います。フィはチャヒョンに必ず戻ってくると近い、ルシげたちとともに出発しました。

 

「不滅の恋人」あらすじ19・20話(最終回)はこちら↓

あわせて読みたい
韓国時代劇「不滅の恋人」第19・20話(最終回)あらすじとネタバレ 韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第19・20話のあらすじとネタバレです。 いよいよ最終回です。 チャヒョンとイ・フィはどうなるのでしょうか? ネタバレになる要...

「不滅の恋人」あらすじ全話一覧はこちら↓

あわせて読みたい
韓国ドラマ「不滅の恋人」あらすじ全話一覧 韓国時代劇「不滅の恋人」あらすじとネタバレ の一覧です。 朝鮮王朝時代。病に倒れた国王には幼い息子がいました。 国王には次弟のイ・ガン=チニャン大君(テグン)と...

 

コメント

コメントする

目次
閉じる